CHECK

後悔したくない人必見!注文住宅における豆知識と成功するポイントなどを紹介!

注文住宅の家を建てるとなったとき、インターネットをいろいろな情報を集めるケースは多いといえますが、多くの人々が注文住宅で成功した人の情報を集める傾向があります。これはこれで良いことなのですが、注文住宅はこだわりすぎると失敗するリスクがあること、どのような点に注意をすれば失敗しないのかこれは実際の事例を参考にすることでわかるようになります。また、失敗してしまった事例を把握しておけばそれを回避するためのコツが分かり成功に導いてくれるわけです。

注文住宅は完全カスタマイズの夢の住まい

注文住宅は設計の自由度が高いため、建物の外観デザインから室内の間取りやインテリア、あるいは水まわりの設備、さらには庭や駐車スペースにいたるまで、家づくりのあらゆる部分をカスタマイズして、施主さんの考えを反映することが可能です。自分たちの希望や好みに合った家づくりを実現したいなら、注文住宅が最適と言えるでしょう。もちろん注文住宅の魅力はそれだけではありません。契約段階から設計そして施工からアフターメンテナンスへと、トータルに施主さんがコミットメントできるため、そのプロセスを一つづつチェックできることも、大きなメリットです。例えば施工段階では建築現場へ足を運んで、家の様子を逐一確認することができますし、もし不都合や異変を見つけたら、速やかに修正を依頼することも期待できます。専門的な知識や経験に自信のない素人の方であれば、ホームインスペクションと呼ばれる第三者の専門家に検査を依頼することも可能です。

注文住宅は実績や経験豊富な建築家に依頼するのがおすすめ

自分の家族の人数やライフスタイルに合わせて個性的なマイホームを持ちたいと望んでいる人は、あらゆる年代で増えてきています。そのような人々の間で注目を浴びているのが、注文住宅です。間取りや広さ、内装のデザインなどさまざまな角度から希望を叶えることも夢ではありません。注文住宅を建てる際には、建築家を慎重に選ぶことが肝心です。 これまでにあらゆる経験や実績を積み重ねてきたベテランの建築家であれば、どのような事態にもスムーズに対応してもらえます。困った時には気軽に相談しやすいため、頼りになる味方として高い人気を集めているのです。また、過去のトラブルを解決してきた記憶を最大限に活かすことで、短期間で効率的に住宅の建設を進められます。 このように、失敗を避けて希望通りの注文住宅を建てるなら、信頼でできるスタッフや建築士を選ぶことが何よりも重要です。理想的なマイホームを手に入れることが可能な上質のメンテナンスサービスも、その人気の秘密です。

注文住宅は地域特性を熟知した工務店で土地を探すのも賢明

これから注文住宅を検討している方の中には、依頼先の業者探しで迷っているケースもあるはずです。注文住宅は設計の自由度が高い反面、施主さんが最初から関わる負担が大きくなる傾向があるため、住まいのプロによる協力関係が不可欠になります。そこで注目したいのが、地元の工務店。このタイプの業者さんは、狭い営業範囲で地域に密着したサービスが目立ちます。このため地元の不動産事情や地理あるいは風土や住民層など、地域特性を詳細に把握していることが少なくありません。また地元の関連業者とも普段から密接な連携を取っており、施主さんが求める住まいの条件やニーズに合わせながら、最適な資材の仕入れや職人さんの手配を期待することができます。注文住宅用の土地探しから始める方や、地域の景観に見合った外観デザインに仕上げたい方、あるいは防災面や防犯面にこだわる方にとっては、地元の工務店を活用することにメリットがあるかもしれません。

お金のかかる注文住宅は購入前にファイナンシャルプランナーの家計診断を受けよう

家族のみんなが暮らせる注文住宅を作ろうと決意し後で、問題になるのが予算や費用の問題ではないでしょうか。注文住宅を建てるためには当然のことながら相応のお金がかかります。資金についてしっかりとした計画を立てておかなければ、後々になってから困ることになりかねません。こういった時に頼りになるのがお金の専門家であるファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーはお金や税金の知識を備えており、注文住宅を購入する際の家計診断なども依頼することができます。知識を持つ専門家に相談することにより、安心して注文住宅の購入に踏み切ることができるでしょう。ファイナンシャルプランナーへの相談は、無料もしくは有料で依頼することができます。住宅会社から提携している場合には無料相談が可能な例も多く、様々な観点から家計について診断を行ってくれます。ライフプランの見直しやトータルでの計画変更など、具体的なアドバイスを受けることができるはずです。

注文住宅建設を成功させるポイント①コンペやコンテスト受賞歴のある建築家

注文住宅の建設を成功させるためには、さまざまなことにこだわることが必要です。
設計を依頼する建築家にこだわることも、建設を成功させるための重要なポイントです。
建物の設計ができるのは、設計士の資格を持っている人です。
設計士にはいくつかの種類があり、一級設計士の方が二級設計士よりも資格を取得することが困難です。
できるだけ能力の高い設計士に注文住宅の設計を依頼したい場合には、仕事を頼む前にその人の経歴も確認しておいた方が最適です。
注文住宅の建設を成功させたい人におすすめできるのは、コンペやコンテストなどで受賞歴を持っている建築家です。
このような経歴を持っている人をおすすめできるのは、コンペやコンテストで受賞するためには、高い能力を持っていることが必要になるからです。
受賞したコンテストの種類も重要になり、非常に多くの人が参加した大会で受賞した設計士もいます。
こうした設計士ならば、クオリティの高い注文住宅を設計してもらえます。

注文住宅建設を成功させるポイント②歴史が長く実績数が豊富な工務店

注文住宅の建設を成功させるポイントとしては、そのエリアでの歴史が長く実績数が豊富な工務店を選ぶのが一つのポイントです。
注文住宅というと、価格が高い印象が持たれていますが地域にあるような業者を選べば大手のハウスメーカーと同等のものをリーズナブルに建てることもできます。
そのためには、歴史が長く実績が豊富な業者を選ぶことで職人の経験が豊富であったり様々なメリットがあります。
注文住宅を建てる際には、近隣エリアでも実績があるところに依頼するのがお勧めです。
例えば、施工例をモデルハウスで見るのではなく実際に建てた施主と工務店との付き合いがしっかりしていれば施工してから年数が経っている家を見せてもらえるケースもあります。
注文住宅を建築する際、どこに依頼すればよいかわからないことがありますがこうした点に注意し選べば安心です。
歴史がながいということは、それだけ施主や仕事と真摯に向き合っていて信頼性が高まるメリットがあります。

注文住宅建設を成功させるポイント③オプションやアフターケアが充実したハウスメーカー

家族だけのオリジナリティ溢れるマイホームを手に入れたいと望む人は、年々増え続けています。
他との差別化を図れる注文住宅は、その点で大きな期待を寄せられているのです。
子供やお年寄りのいる家庭では、動きやすさやバリアフリーが充実した作りの住宅が重宝されています。
安全性に秀でた間取りや機能的な内装は、あらゆる年代の利用者から熱烈な支持を得ているのです。
また、それぞれの家庭の希望に合わせたオプションを豊富に用意しているハウスメーカーは、きめ細やかな対応が魅力的です。
親身になって相談に対応してくれるスタッフは、信頼できるパートナーとしても親しまれています。
建築後のアフターケアも万全の状態で用意されていて、居住してからのトラブルにもスピーディーに対処してくれます。
そのため、顧客からの口コミによる評判は年々増してきているのです。
このように、誰もが住みやすく安心して過ごせる注文住宅は、地元でも頼りになる存在として愛されているといえます。

注文住宅建設を成功させるポイント④日当たりの良い東南の角地

昔から土地の中でも東南の角地は日当たりが良いので、土地の中では最も価値があるといわれています。
角地には他にも、北西や北東、南西などいくつかの種類がありますが、2つの道路が隣接しているため圧迫感を受けにくいなどのメリットから注文住宅の家づくりで土地にこだわりたい人からの注目や人気を集めています。
ただ、2つの道路に面しているため道路から家の中が丸見えになりやすい、昼間もカーテンを閉めていないと家の中で動いている人が確認できてしまうなどプライバシーを損ねてしまう可能性もあります。
注文住宅でこのような場所に家を建てるときには、通りから家の中が見えないように植木や塀などを設置して目隠しするなどの工夫が大切です。
なお、方角や周辺環境により異なりますが日当たりが良い環境になるので、南東や南西などの場合は太陽光発電システムを導入することで高い発電効率への期待もできる、洗濯物が良く乾くなどのメリットもあります。

注文住宅建設を成功させるポイント⑤地下室やシケルター付き

注文住宅を建てる時に、地下室も欲しいとなりますが、その時は土地も深く掘らないといけないし、地下室部分は最低でも鉄筋コンクリート造になります。
地中部分になりますので、地上よりも温度や湿度が基本的には低くなります。
でも地中で壁を建てたり密閉され、更に地下水の存在で、地下は湿気がこもって、湿度が高くなります。
なので壁は2重壁にして地下水にさらされないようにします。
敷地面積に余裕があるのならば、地下には自然光を取り入れるためには、ドライエリアを設ける・トップライトを設ける方法があります。
ドライエリアとは、地下の周囲を掘り下げた空間で、採光のほかにも、閉塞感の解消、避難通路の確保、通風の確保などの機能があります。
また地下シェルターなど防空壕として地下空間を開発すると戦争の時や自然災害の時には安全です。
あとは地下は大半はドライエリアがないのが多いので、空間など設備工事、電気工事がとても重要になります。
注文住宅を建てるには地下はメリットデメリットが付き物です。

注文住宅建設を成功させるポイント⑥蓄電池や太陽光発電

最近の新築住宅は太陽光発電システムを導入している家が増えていますが、これは注文住宅で家を建てるときにシステムを導入しておくといろいろなメリットがあります。
太陽光発電には発電効率と呼ぶものがあり、効率が最も高い条件は南に向いている屋根で太陽の光が入射する角度が30度など、このような条件を満たしていると発電効率は100になります。
注文住宅はこのような条件を満たした屋根を作ることもできるので、より多くの電力を作り出せるメリットにも繋がります。
ただ、太陽光発電は日没を迎えると発電が停止することからも夜間の電力を蓄えることができる蓄電池の併用も推奨されています。
これらの設備は、屋外に設置することになるので注文住宅の家を建てるとき同時に導入することで後から屋根に穴をあけて防水処置を施したり、蓄電池が雨ざらしにならないように管理できる場所に設置できるなど住宅の施工と同時に行うことで効率が良い設備を取り入れた注文住宅になります。

注文住宅建設を成功させるポイント⑦三階建て以上

注文住宅の建設を成功させるためには、ポイントをしっかりと押さえた家作りが必要です。
三階建て以上の注文住宅を建設する場合にも、ポイントを押さえながら家作りをする必要があります。
三階建て以上の注文住宅を作る時の重要なポイントとなることは、それぞれの階に設置する施設です。
どの階にどの施設を設置するかによって、家が完成した後の住みやすさも大きく変わります。
住みやすい注文住宅を作るために最適な方法は、よく使用する施設を重視して家の中の間取りを決めることです。
トイレやお風呂などの毎日使用する施設は、建物の1階に設置しておいた方が利用しやすくなります。
住宅を建設するための費用を多く持っている人ならば、建物内の各階にトイレを設置することも可能です。
このような方法で家を建てれば、どの階に住んでいる人も快適に暮らせます。
階を移動するための施設も重要なポイントになり、エレベーターを設置すれば最上階にも簡単に移動できます。

注文住宅建設を成功させるポイント⑧徒歩五分圏内

注文住宅を建てるにあたって、建物そのものの性能や快適性はもちろん重要ですが、それと同等に住心地を左右するのが立地です。
具体的には、徒歩五分圏内に生活に必要な施設が揃っていると、年齢を重ねても便利に暮らすことができると言われています。
とは言っても、都市部の地価が高い地域では、徒歩五分圏内で生活が完結するような利便性の高い土地に注文住宅を建てるには、膨大な費用がかかることも珍しくありません。
それはあまり現実的ではないので、自分の生活スタイルを考えて、最も関連の深い施設が身近にある立地を選択しましょう。
例えば、電車通勤の場合には駅が近いこと、同居の家族に高齢者がいる場合には病院が近いことなど、ここだけは譲れないというポイントを決めておくと良い土地を見付けやすくなります。
立地は注文住宅を建てて一度住み始めてしまうとなかなか変えることが難しくなるので、土地選びにはできるだけ妥協しないのがおすすめです。

注文住宅建設を成功させるポイント⑨ウッドデッキやBBQスペース

注文住宅の家を建てるとき、ウッドデッキを作ると成功するといわれていますが、これはバーベキューを楽しむことができるなどのメリットにも繋がります。
後から設置する方法もあるのですが、後から行う場合は基礎工事などを別途やらなければなりませんし、施工会社により注文住宅を建てるときに同時に作った方が安く済むこともあります。
特に、基礎は家の基礎と合わせて行えば手間も省けますし、同じ会社が責任を持ちウッドデッキ部分の基礎を作ってくれるので安心です。
木材を使う方法や樹脂を使った方法など、いろいろな選択肢があるので注文住宅の家を建ててくれる工務店やハウスメーカーに相談すれば予算内で収まる方法を教えてくれたり、場合によっては値引きして貰えることもあります。
個別に行うよりも注文住宅の施工と同時に行う、これは家が完成して直ぐにバーベキューパーティーができるメリット、施工完成の記念パーティーなどを開催するのにも効果的です。

注文住宅建設を成功させるポイント⑩収納や動線

注文住宅は、自分たちの好みの家の大きさや間取りやスタイルやデザインに仕上げることが出来ますのでこだわりが強い方や、快適に生活したいという方にお勧めの住宅です。
では、注文住宅建設を成功させるためのポイントは一体何でしょうか?いろいろありますがその一つにクローゼットや収納などを挙げることが出来ます。
収納が十分にあるなら部屋全体がちらかることなく、いつでもすっきり片付きますし家具を買いそろえなくてもいいですので一石二鳥です。
玄関・キッチン・洗面所・子供部屋・寝室・リビングなどにつくりましょう。
さらに生活動線や家事動線なども考慮に入れることが出来ますが例えば、玄関から帰ってきてすぐに部屋に入るのではなく玄関付近から洗面所・脱衣所・浴室というような間取りにすることで、汚れた状態で部屋を通らなくても済みますし汚れや衣類はそのまま脱衣所で脱ぐことが出来ますし、そのまま入浴することも可能ですので大変お勧めです。

さいたま市 注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の知っておきたい豆知識

こちらのサイトは、これから注文住宅の家づくりを行う際に、これを知っていると成功に導く豆知識をご紹介しています。マイホームは生涯の中でも最も高い買い物になるため、慎重に物事を考えながら進めることになるけれども、それでも失敗してしまうケースは少なくありません。ここでは失敗例の中でも最も多いといされることにはどのようなものがあるのか、そして家を建てるためにはどのような業者があるのか基本的なことにも触れているので参考にされると良いでしょう。

Search